レーシック手術中に目を開けていられるか心配ですが?

*
福岡レーシックTOP > レーシック手術中の心配を解消! > レーシック手術中に目を開けていられるか心配ですが?

レーシック手術中に目を開けていられるか心配ですが?

Pocket

レーシック手術のイメージ

レーシック医師

日本国内では、2000年の機器認可がきっかけで行われるようになったレーシック手術。その存在が広まるに連れて、手術の内容も知れ渡ってきました。
 

レーシックの手術自体は短時間で済みますし、技術も確立されていますので特に危険はありません。ですが眼球の手術という響きから色々な心配をされる方もおり、なかでも手術中のトラブルを心配するものが多いようです。
 

短時間とはいえ眼球を手術するわけですから、もし手術中に目を開けていられなくなったらどうしよう、瞬きをしてしまっても大丈夫かな、という不安があるのももっともと言えるでしょう。
 
 

安全性は最優先

レーシック手術では眼球を処置しますので、安全性を最優先に考えられ確立されています。
 

手術の際には痛みを感じないよう、また安全に麻酔が出来るように点眼薬での麻酔が用いられていますし、手術中の眼球は機械によって固定されています。
 

もちろん瞼も機械によって瞬きが出来ないように開いたままで固定されていますから、目が小さい方など手術中に目を開けていられるか不安な方でもまったく問題はありません。
 
 

コンピューター制御による安全性

手術中の眼球は固定されているとはいえ、まったく動かないという訳にはいかないことは容易に想像できますね。
 

この点ももちろんしっかりと安全性が確保されており、レーシック手術に用いられる最新の機械は、眼球の動きを読み取って角度を精密に合わせるように作られています。
 

レーザーなどを使ってフラップを作り角膜を削るという手順を聞くと、不安に思うのももっともです。ですがそうした考えられるトラブルには全て対応できるようになっていますから、余計な心配は無用というわけです。
 

レーシック手術中に目を開けていられるか心配ですが?関連ページ

レーシック手術中に目が動いて失敗する危険性は?
福岡にあるレーシック眼科を一覧紹介したサイト!各クリニックの口コミも多数掲載!クリニックによって費用や施術の質、アフターサービスは大きく違ってくるので注意してください。

error: Content is protected !!