レーシック手術中に目が動いて失敗する危険性は?

*
福岡レーシックTOP > レーシック手術中の心配を解消! > レーシック手術中に目が動いて失敗する危険性は?

レーシック手術中に目が動いて失敗する危険性は?

Pocket

手術中の目の状態

レーシック医師

レーシック手術では、レーザーの照射などによって目に直接処置を施しますので、これに関して「手術中に眼が動いてしまったらどうなるの?」という疑問を抱いている方が結構いらっしゃるようですね。
 

レーシック手術の間は眼球が固定された状態ですので、基本的に眼が動くことはなく、眼が動くことによって手術が失敗することもありません。
 

レーシックはとても新しい手術ですので、手術中のトラブルなどに関してはとても高い安全性が確保されているんですね。
 
 

最新技術による更なる安全性

レーシックの手術中は眼球が固定されていますが、実は微かに動いてもいます。従来のレーシックでは、この微かな動きは誤差としてあらかじめ計算されており、これによる問題はほとんどありませんでした。
 

現在ではレーシックの技術や機器は非常に進化しており、この微かな眼球の動きに追従してレーザーが照射されるため、さらに精密な手術が可能になっています。
 

また照射可能な範囲を超える動きに対しても、瞬時にレーザーを停止する安全装置が採用されていますので、手術の失敗という心配はないものになっています。
 

これは眼球の動きだけでなく、手術中に地震が起きた場合などに対しても有効に働きますので、非常に安全であるということですね。
 
 

瞬きの心配もありません

また眼球の動きに関連して、瞬きを心配する方もいらっしゃるようですが、手術中は瞼が開いているように固定されています。ですので瞬きをすること自体が不可能で、この点でも心配は要りません。
 

眼球の手術というと色々な心配をしてしまいますが、安全性に関しては万全の対策が取られており、失敗のリスクは無いといっても過言ではないでしょう。
 

レーシック手術中に目が動いて失敗する危険性は?関連ページ

レーシック手術中に目を開けていられるか心配ですが?
福岡にあるレーシック眼科を一覧紹介したサイト!各クリニックの口コミも多数掲載!クリニックによって費用や施術の質、アフターサービスは大きく違ってくるので注意してください。

error: Content is protected !!