福岡レーシックの現状とおすすめクリニック

*
福岡のレーシック手術おすすめ眼科【口コミや料金もチェック!】

福岡の女性スタッフ福岡のレーシック情報を網羅!

福岡・北九州にある有名レーシック眼科の情報を集めました!

レーシック手術で重要なのは、何よりもその安全性です。院内の衛生管理、より安全な最新機器の導入、症例数の多い医師などを考えるとやはり大手のレーシッククリニックが安心です。福岡・北九州には全国展開している大手のレーシック眼科がありますので、ランキング紹介します。迷ったらここを選べば安心です。

 

 

福岡のレーシック事情2018
 

福岡は九州地方の中核都市だけあって、昔は全国展開するレーシッククリニックが多くありました。ですが東京の銀座眼科の集団感染症事件によってレーシックの人気と信用が急低下…。
 

しっかり衛生管理を行っていた健全クリニックもその煽りを受けて、次々と医院を閉鎖。福岡でも何年にもわたって影響がありました。レーシック手術自体は、年々より安全な機器がでて明らかにレベルアップしているのに残念でなりません。
 

SBC新宿近視クリニック福岡院の閉鎖、神戸神奈川アイクリニック天神院の閉鎖と続き、ついには錦糸眼科の福岡院まで閉鎖してしまいました。
 

ですが不幸中の幸いというべきが、2018年現在、レーシック全国最大手の品川近視クリニックは福岡で営業を続けています。他の医院が撤退する中、ナンバー1の品川近視に人気が集中した形です。
 

レーシック手術の品川近視クリニック一人勝ちの状態は、福岡だけでなく全国的な現象で、年々グレードアップする高額機器を導入できるのは経営体力のある品川近視だからこそと言えるでしょう。
 

小さな街の眼科や、大学病院などで旧機器を使ったレーシックを受けるのはリスクが高くなります。福岡で最先端のレーシックが受けられる品川近視クリニックは、本当に貴重な存在だと言えると思います。

 
 

福岡レーシックランキング!【 ※技術力と費用を重視 】

品川近視クリニック福岡院

★★★★★

おすすめNo.1
品川近視クリニックは世界一の症例実績を持つ、世界基準のレーシッククリニック!総合力で他眼科より抜きん出ている。福岡の眼科で迷ったら品川近視を選んでおけば、他を選ぶより間違いないといえます。※レーシック前の平均視力0.08 → 術後平均視力1.65!


品川近視クリニック大阪院の検査WEB申込み

 

【住所】福岡県福岡市東区土井1-8-37
【診療時間】9:00~12:30、14:00~17:30 ※休診日は土祝
【注意点】レーシック手術は月~木のみ
【アクセス】駐車場30台完備。車での来院が便利です。

※福岡では品川近視クリニックをおすすめする4つの理由

質に比べて料金が安い!
イントラが14.7万!高額メニューも納得の質
最新・最高位の機器を導入!
機器の性能で見え方が違う!常に新機種導入
実績がケタ違いに凄い!
実績の多さが一番安心。ムダな心配が少ない
アフターケアも万全に!
以前よりさらに充実。無料再手術など総合的に安心

【住所】福岡県福岡市中央区天神2-7-21 天神プライム4F・5F
【診療時間】10:00~20:00、年中無休・完全予約制
【アクセス】地下鉄天神駅から徒歩1分。西鉄福岡天神駅から徒歩4分。
施術名 料金(両眼、税抜)
スタンダードレーシック 7万円
品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円(5年保証)
クリスタルZレーシック 23.2万円(8年保証)
アマリス750Zレーシック 29.7万円(10年保証)
ラゼック/エピレーシック 16.5万円(3年保証)
リレックススマイル 29.6万円(3年保証)
適応検査 無料

医師紹介

福岡院 院長 尾崎秀 (日本眼科学会専門医)

尾崎秀院長

東京院で膨大な症例に触れ、レーシックをはじめ、老眼治療やICL、フェイキックIOL手術、 多焦点眼内レンズ・カタラクトフェムトを使った白内障手術など、 様々な最先端の屈折矯正手術の知識・技術・多くの経験があります。 生まれ育った福岡の地で、一人でも多くの方の QOV(Quality of vision)の向上に 貢献できればと思います。
(引用:https://www.shinagawa-lasik.com/

品川近視クリニック(福岡)

 
 

2位 大島眼科病院
大島眼科(福岡市)

★★★★

おすすめ
福岡市博多区にある大島眼科病院は、患者に信頼される医療を行うために高い医療水準を保持する病院です。LASIKやラゼック、PRKをはじめとするエキシマレーザー手術が受けられます。術前検査に2万円がかかるのが残念。

【住所】福岡市博多区上呉服町11-8
【診療時間】平日8:30~17:00、土曜8:30~12:45
【休診日】日曜・祝日
【外来】主治医制ではなく希望の医師をお選びください。
施術名 料金(両眼)
PRK、LASIK、LASEK 27万円
ウェーブフロント手術:PRK、LASIK、LASEK 32万円
術前検査料 2万円

大島眼科病院

 
 

3位 望月眼科
望月眼科

★★★☆

お勧め眼科
望月眼科では一人ひとりの眼に合わせてカスタムメイドで治療するiDesigniLASIK(アイデザインアイレーシック)を行っています。見え方の質が高まり、さらに安全性も高くなったiLASIKの手法で評判もいい。

【住所】福岡県福岡市南区老司4丁目1-45
【受付時間】平日8:30~12:30、14:00~17:30、土曜8:30~12:30
【休診日】日曜・祝日
【駐車場】27台完備
施術名 料金(両眼)
iDesigniLASIK(アイデザインアイレーシック) 26万円
IntraLASIK(イントラレーシック) 24万円
ICL 眼内コンタクト 60万円
カスタム LASEK/PRK 26万円
LASEK/PRK 24万円

望月眼科の公式サイト

 
 

4位 武田眼科医院
武田眼科医院

★★★☆

おすすめ眼科
武田眼科医院は無料説明会からカウンセリング・診察まで院長自ら行っています。レーシックの疑問を解決し、十分納得してから手術が受けられます。診察の後に医師と一緒にレーシック、ラセック、T-PRKから選びます。

【住所】福岡県北九州市小倉北区足原1-8-17
【診療時間】10~12時、14~18時
【休診日】日・祝は休み、木・土は午後休
【アクセス】専用駐車場あり。車での来院が便利です。
施術名 料金(両眼)
LASIK(レーシック) 28万円(検査料/薬代を含む)
LASEK(ラセック) 28万円(検査料/薬代を含む)
T-PRK(ティ・ピーアールケイ) 25万円(検査料/薬代を含む)

武田眼科医院(福岡)

 
 

福山眼科
福山眼科

★★★

そこそこ
医療法人コスモス会の福山眼科は福岡市東区の地域密着の眼科。レーシックの他にもスポーツ選手などや激しい運動をする人に向いているPRKの施術も可能。学生割引、家族割引、紹介割引などもあります。

【住所】福岡県福岡市東区土井1-8-37
【診療時間】9:00~12:30、14:00~17:30 ※休診日は土祝
【注意点】レーシック手術は月~木のみ
【アクセス】駐車場30台完備。車での来院が便利です。
施術名 料金(両眼)
LASIK(ケラトーム) 12万円
WF-LASIK 15万円
PRK 10万円
適応検査・薬代 約3万円

福山眼科(福岡)

 

目次へ戻る
 
 

その他の福岡のレーシッククリニック

こやのせ眼科クリニック 福岡県北九州市八幡西区木屋瀬365-6
診療時間9:30~13:00、14:30~18:00、休診:日祝、水土の午後
下川眼科 福岡県北九州市小倉南区守恒本町2-2-34-2F
診療時間8:30~11:00、14:10~16:30、土曜は午後休診、第5土曜・日曜・祝日は休診
山名眼科医院 福岡県中間市鍋山町13-5
診療時間9:00~12:00、14:30~18:00、木曜・土曜は午後休診、日曜祝日は休診
さっか眼科 福岡県北九州市八幡西区穴生1-17-21
診療時間9:00~12:30、14:00~17:00、土曜は16:00まで、木曜・日曜・祝日は休診
※注意事項 掲載しているクリニック情報は更新されている可能性がありますので、ご利用の際にはクリニックの公式ページにてご確認ください。当サイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

目次へ戻る
 
 

福岡のレーシック料金比較!

福岡の低料金レーシック
 

施術名 品川近視クリニック こやのせ眼科クリニック 福山眼科
ケラトームレーシック 7万円 25万円 12万円
業界最高位機種のレーシック 29.7万円
アマリス750Z
WFレーシック 29万円 15万円
PRK 25万円 10万円
エピレーシック 16.5万円 25万円
Zレーシック 23.2万円
クリスタルZ
イントラレーシック 14.7万円
品川アドバンス
検査費・薬代 無料 1万円
術前検査
約3万円
術前・術後薬

(※すべて両眼の価格。よく料金変更もありますので来院前は公式サイトをご確認ください。)

 

目次へ戻る
 
 

福岡のレーシック体験談を掲載↓↓

福岡のレーシック体験者

【体験談】あきな(33歳 女性 フリーター)

  • ・品川近視クリニック(福岡院)
  • ・アマリス750Zレーシック
  • ・費用:25万くらい
  • ・1デイレーシック

 

乱視のためイントラレーシック施術は拒否されました

価格の安さに惹かれて、施術前提で品川近視クリニック福岡院に適応検査を受けに行きました。1日レーシックです。検査は朝早くから行い半日がかり。
 

最終的に執刀医の院長先生の診察を受けてレーシックができるかどうかの判断になるのですが、長く辛い検査をしたからには絶対施術したい気分になっていました。
 

私の場合は、当初15万円程度のイントラレーシックアドバンスを施術する予定でいましたが、検査の結果、乱視の矯正ができないということで、イントラレーシックアドバンスの施術を拒否されてしまいました。
 

視力が上がらなくてもやるだけやってもらえないかということを伝えたのですが、完全施術拒否でした。
 

施術できません

 

時間もなくアマリス750Zを決意

乱視矯正ができる施術で一番安いものが、アマリス750Zレーシックという説明と施術方法を聞きましたが、価格が倍。
 

予算想定外の為少し悩んでいましたが、院長の次の診察が控えていることや、施術の時間を考えると悩んでいる時間はありませんでした。
 

10万円以上の予算オーバーでしたが、施術を決意。すぐさま最終の検査、消毒、麻酔と慌ただしく流作業に乗るように手術準備が進められました。
 

施術中の状態と流れ

福岡院の設備

担当の看護師さんは、患者の恐怖心を察してくれているような対応で、施術直前の緊張を和ませようといろいろ話しかけてくれましたが、やはり施術台に乗った瞬間緊張がピークに。
 

目と頭を固定する装置を付けられていざ施術!施術中はフラップを作る瞬間(角膜を削る瞬間)は目の前…というか、目の奥、脳と目の繋がりをぷつっと切られたような感覚になり真っ暗に。
 

そしてレーザーが照射されている瞬間は(私の場合は15秒ほどでした)真っ暗な状態の中、目の裏側あたりにジリジリとノイズのような光が映りこみ、少しフラフラしていたこともあり宇宙の中にいるような感覚になりました。
 

長い長い15秒を乗り越えた後、フラップを元に戻したところで光が復活。ほっとしたのもつかの間、次は反対側の目の施術。両目の施術を終えた頃には、精神力はもう尽きてフラフラでした。
 

手術直後の状態と感想

回復室で30分ほど、アイシングと体力の回復を待って施術は完了となりました。
 

施術が終わった後は目の前がぼんやりもやがかかったように見え、直後の視力検査では、目が悪いとは別の見えにくさもありよく見えず不安になりました。
 

翌日の検査では視力が上がっているのを確認できて一安心でしたが、病院的には1.5以上の視力へ上げることが目標らしく、無理やり1.5を出すような視力検査となりました。半年経った今は、右目は視力1です。
 

視力回復した両眼

院長先生の態度は終始落ち着いていてマニュアル通りの説明と対応という感じで、最後まで冷たい対応のような気がしました。
 

あまり込み入った説明や希望をほのめかすようなことを言うと後々困ったことも起きるのでしょうが、患者にとっては一生に一度のレーシックですので、もう少し人間味のあるような対応で患者を迎えて欲しいと思いました。
 

結論!福岡の品川近視は結局どうなの?

良かった点は?
費用は他の病院に比べて格段に安いと思います。

微妙だった点は?
担当医が若く、説明の仕方や対応が冷たい気がしました。
 
右目:施術前0.1→施術後1.0
左目:施術前0.3→施術後1.2



品川近視クリニック福岡のWEB予約

目次へ戻る
 
 

神戸神奈川アイクリニック体験談

※神戸神奈川アイクリニックは福岡から撤退しました。この体験談はレーシック手術の参考としてお読みください。
 

福岡のレーシック体験者

【体験談】K.Gさん(33歳 主婦)

  • ・神戸神奈川アイクリニック(福岡院)
  • ・イントラレーシック
  • ・費用:33万くらい

 

事前の適応検査~医師からの説明、クリニックの雰囲気など

待合室

事前の適応検査は、とてもわかりやすく、手術後のアフターフォローも手厚いようで安心しました。たまたま、担当のドクターが家の近所の眼科から出張で来ているドクターであることを知り、更に安心感が大きかったです。
 

クリニックの雰囲気は、殺風景な感じはありましたが、掃除は綺麗にされていました。雑誌やテレビ、ウォーターサーバー等のサービス有り。
 

当日の手術中の様子、痛み、感想、気づいたことなど

当日は、心の準備をする間もなく、点眼による麻酔が行われました。目を開いたまま固定され、眩しいほどの光はただ白く見えるのみ。周りのドクターとナースの声が聞こえる中、レーザーの音と光に耐えながら、あっという間に手術は終わりました。
 

手術中は痛みというよりは、胸がドキドキして、無事に終わりますようにと祈るばかりでした。
 

当日の手術後の状態、医師の対応、支給物、帰りなど 手術後~1週間の状態

術後の痛みを感じる体験者

当日の手術後の状態は、最悪でした。目が開けられず、涙が溢れて止まらない。あぁ失敗かと思ったほどでした。手術後間もなく視力検査、どうしようもなく眩しく涙でいっぱいの目を無理やり開き、術後初の検査でした。
 

結果はなんと両目2.0。術後すぐですが、効果は出ていました。医師の説明によると順調、このまま様子を見ようということでした。支払はカードで済ませ、ヒヤロン酸の目薬をもらい、帰宅。
 

午前中に手術をしたため、帰宅時は昼間で日光が一段と眩しく、サングラスをかけて帰宅しました。支給物としては、目をガードする透明のメガネももらいましたが、見た目があまり良くないので持参していた自身のサングラスを使用しました。
 

その後、翌日検診、1週間検診とありましたが、視力は順調。術後の翌朝は涙が原因で目やにがべったりと酷い顔で、目の腫れは5日間ほど続きました。
 

視力の結果

視力の結果は右が0.04から2.0へ、左が0.1から2.0へ、見事に回復。1ヶ月後検診、3ヶ月検診、と検診を重ねましたが、視力が衰えることはありませんでした。
 

また、アフターケア検診の度にドクターによる診察もあり、ヒヤロン酸の目薬を処方してもらったので精神的にも安心できました。
 

メリット・デメリット等

目の痛み

大きなメリットは、5年前まで毎月コンタクトを定期購入し洗浄なども大変でしたが、それがなくなったこと。朝起きてすぐ見えること。メリットはいっぱいです。
 

デメリットは、術後の目の腫れと涙が止まらなかったこと。仕事は有給を使い前もって5連休とっていたので良かったですが、とても人前に出られるような顔ではなかったです。また、ドライアイが長く続いたこと。
 

幸い、術後1年間は無料でヒヤロン酸の目薬を処方してもらったので、ずっと使用していました。その後は市販の低刺激の目薬なら使用しても良いとのことだったので何度か使用しました。現在は全くドライアイの症状はありません。
 

レーシックを受けた全体の感想

術後の視力検査

レーシックを受けて、本当に良かったです。レーシックを受けて現在7年以上経過しますが、現在両目とも1.5程度です。
 

パソコンを使う仕事をしていたことと、普段からスマホの使用時間が長いことが原因で手術直後に比べると視力は低下しましたが、依然裸眼ではっきり生活できています。
 

レーシックを受けようかと悩んでいる人がいたら、私は必ず背中を押します。
 

結論!神戸神奈川アイはどうだった?

良かった点は?
メガネもコンタクトもつけなくてよくなり、とても快適なこと。

微妙だった点は?
術後半年近くドライアイが続いたこと。
 
右目:施術前0.04→施術後2.0
左目:施術前0.1→施術後2.0

福岡の神戸神奈川アイクリニックはこちら

目次へ戻る
 
 
 

レーシックはコンタクトよりお得!生涯費用は安くなる

コンタクトをつける男性

コンタクトを使っている方の中には、レーシック手術を受けようか迷っている人も多いと思います。
 

レーシックの手術にはいろいろな種類があるので、どの視力矯正手術を選ぶかによって金額も異なっています。またクリニック選びでも費用は違ってきます。
 

しかし、一般的には1回のレーシック手術にかかる費用は、おおよそ15万円程度、確かに金額だけ見れば15万円は、決して安い金額ではありませんね。しかし、視力が悪いためにコンタクトレンズや眼鏡を使っているなら、購入しためがねやコンタクトレンズを、一生使えるかどうかを考えてみてください。
 

当然何度かは、メガネやコンタクトレンズを買い換えたりする必要があるでしょう。そうなると、トータルすると15万円どころですまなくなります。
 

そして、メガネやコンタクトレンズのような視力矯正品では、視力の助けにはなりますが、視力回復に力をかしてくれるわけではありません。
 

ということは、一生涯メガネやコンタクトレンズを購入し続けなければならないということ。レーシックの手術は一見高い治療費のように思えますが、将来的に考えれば安いと思います。
 
 

レーシックよくある質問

↓ 質問をクリック ↓
【Q】レーシックが失敗するリスクは?
【A】レーシックを受ける人の中には失明を心配する方が見えますが、レーシックは安全な手術ですので失明のリスクはないといっていいでしょう。過去にもレーシックが原因で失明した人は一人もいません。
 
ただしハログレアやドライアイなど合併症のリスクありますので、施術前の医師の説明をしっかり聞いて不明な点は質問しておきましょう。
 
感染症も昔はありましたが、今はどのクリニックも徹底した衛生管理を行っているのほぼ心配しなくても大丈夫でしょう。
【Q】ドライアイとは?
【A】レーシック術後の合併症として、ドライアイは多くの人が症状を感じます。これはフラップを作る際に角膜に切り込みを入れるわけで、そこを通っていた神経が一時的に切断されてしまうため、涙の量が減るからだとも言われています。
 
しかしこの神経はフラップが定着すれば再び接続されるので、病院で渡される保湿のための目薬を使っていれば基本的には治ってきます。
 
ドライアイはレーシック手術の方法上仕方のない側面がありますが、しっかりケアしていれば一過性のものとして数日から半年後までには治ります。
【Q】ハロ・グレアとはなんですか?
【A】ハロ・グレアもレーシック後の合併症としてよくある現象です。これは光源を見たときに極端に眩しく見えたり、にじんだり、光の輪や十字のようなものが見える現象です。これはどのクリニックの患者さんでも、最初から起こりうる現象として最初に説明されます。
 
こちらも、ドライアイと同じく一過性であることが殆どで数ヶ月の間には視力の安定と共に消えていく症状なので、永続的な合併症ではありません。もちろん、全く起こらないという方もいるわけですから、個人差もあると考えてください。
【Q】クリニックによって費用に違いがあるのはなぜ?
【A】レーシックの料金は、クリニックによって大きな差があります。価格は手術の種類や使う機械などによって変わってきます。
 
例えば、最新機器を使うアマリスZレーシックやアイレーシックは高めですし、一般的なマイクロケラトームレーシックはかなり安い設定になっています。
 
またレーシックは自由診療なので、価格はクリニックが自由に決められます。集客力のあるクリニックは価格を下げられますが、マイナーなクリニックではどうしても高額になる傾向にあります。
【Q】アレルギー体質でもレーシックはできる?
【A】目のアレルギーには、花粉アレルギー、ハウスダストなどのアレルギー、コンタクトレンズの装用によるものなどいろいろありますが、症状がひどくない場合は、レーシック手術は可能です。
 
アレルギーの原因がわかっている場合は、それを取り除き症状を軽くしてからの手術になります。
 
例えば、花粉によるものであれば、花粉の飛ばない時期に手術するとか、コンタクトレンズが原因とわかっていればしばらく装用を避けて、症状をおさえてから手術します。
 
コンタクトレンズが原因の場合は、逆にレーシック手術を受けることでアレルギーはなくなるでしょう。実際、レーシック手術を受けてアレルギー症状がなくなるという人はいますので、医師に話を聞いてみましょう。
【Q】アトピーでもレーシックはできる?
【A】アトピー性皮膚炎の場合は、アレルギー同様に目の状態が特にひどくなければレーシック手術は可能です。
 
またレーシック手術の後は、目に刺激や衝撃を与えることは厳禁ですから、かゆみ等で目を擦るといったことに注意しなければなりません。
 
アレルギー、アトピーどちらの場合でも、レーシック手術を受けるときには、すべてをレーザー使用のイントラレーシック手術を受けられる方が良いかと思います。
 
一般の場合よりは、注意する点が多くなるようですが、視力回復はそれを上回る利便性はあると思います。
【Q】レーシックをすると老眼になりやすくなるの?
【A】レーシック手術をすることで老眼になりやすくなったり、老眼の進行が早まることはありません。
 
レーシックは角膜の変化によって視力を回復しますが、老眼は水晶体の弾力性の低下からおこるものであり、両者に関係はありません。
 
 
 

【注意!】閉院した福岡のクリニック

【※閉院】神戸神奈川アイクリニック 福岡院

※神戸神奈川アイクリニックは福岡から撤退しました。経営は提携していた岡眼科天神クリニックが引きついだようです。

神戸神奈川アイクリニック福岡院

★★★★

アフターケアが高評価
完全オーダーメイドのアイレーシックは見え方にもこだわりあり!症例数140万以上の豊富な実績は十分評価できます。料金はやや高めですが、アフターケアの充実さに定評があり、検討する価値のあるクリニックです。

【住所】福岡院>福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル10F
【住所】小倉院>北九州市小倉北区船場町3-5 ファッションビル船場4F
【診療時間】10:30~19:00(13:00~14:00休診)、火曜休み

 

【※閉院】錦糸眼科 福岡院

※錦糸眼科福岡院は閉院しました。

錦糸眼科の福岡院

★★★

そこそこおすすめ
日本で最初にレーシックを行ったパイオニア眼科。現在では技術面、料金面で品川近視などに先を越されている感はいなめませんが、院長の矢作先生は過去に賞を受賞している。福岡でも追加料金ありで指名は可能です。

【住所】福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3F
【アクセス】西鉄大牟田線福岡駅から徒歩5分、地下鉄天神駅から徒歩5分

 

目次へ戻る

 
 

 
【コラム】レーシック手術当日の流れと注意点

福岡でレーシックを受けたい方はたくさんみえると思います。視力矯正手術は、まず自分に合ったレーザー角膜治療のクリニックを選び、インターネットから申込みした後は、無料の事前検査やカウンセリングを必ず受ける必要があります。 そのあとはいよいよ手術の当日を待つばかりです。視力回復クリニックによって異なる部分はあるでしょうが、手術当日の流れを簡単にご紹介します。
①まずは診察券や手術承諾書を忘れずに持ってクリニックを訪れましょう。②受け付けを済ませたら、目の状態をチェックします。万が一事前の検査と状態が違えば、手術を受けられない場合もあります。③ここまで問題がなければ、いよいよ手術です。手術の詳細は、その術式によって異なる部分はありますが、基本的には洗顔して点眼麻酔⇒フラップの作成⇒フラップをめくって、レーザーで角膜の厚さを調整⇒フラップを戻して洗浄、といった手順で行われます。④手術後はフラップが安定するまで、専用の部屋で10分程度は安静が必要です。⑤手術がうまくいったか、診察をします。⑥あとは保護用の眼鏡や、薬を処方されればそれで終了です。
福岡にかぎらずレーシック眼科に行く当日には注意事項があります。まず女性の方はメイクですが、当日はノーメイクでお願いします。化粧、香水、整髪料など、レーザーに影響を与えてしまう可能性があり、手術の安全が確保できなくなってしまいます。 またウールやセーターなど、繊維が出てしまう服も控えてください。手術中にその繊維が目に入ってしまうかもしれません。 車でクリニックへ行くのもNGです。手術の直後は視力が不安定ですので、安全のため電車やバス、タクシーを使ってください。また手術直後は、フラップがまだ完全に安定しているわけではありません。目をこすったり、洗顔や洗髪は危険ですのでやめましょう。


TOPへ