レーシック手術を受けられない人は?

*

レーシック手術を受けられない人は?

Pocket

レーシック手術を受けられない人は?

レーシック手術というのは、残念ながらすべての人が受けられる手術ではありません。
 

まず、18歳未満の人はレーシック手術を受けることができず、また、20歳未満の人であれば保護者の同意が必要になっています。なぜ18歳未満の人がレーシック手術を受けることができないのかというと、まだ目が成長過程にあるため、近視が進行していく可能性があるからです。
 

男性医者

せっかくレーシック手術をして視力が回復しても、それが一時的なもので成長していくとともに再び近視になってしまう可能性が、大人の人よりも大きいからです。
 

再手術という手段もあるにはあるのですが、手術のたびに少ないとはいえ合併症や後遺症のリスクを負います。そのため、できるかぎり1回で終わるのが良いでしょう。
 

また、角膜の厚さが足りないなどの理由で再手術ができない可能性も考えなければいけません。
 
 

妊娠中の人も受けられません

また、妊娠中の人や、授乳中の人もレーシック手術を受けることができません。
 

これは、ホルモンバランスの関係により、視力が普段と変わっている可能性があり、他にも手術後の感染症を防ぐための薬を使用するのに制限がかかってしまう可能性があるからです。
 

他にも、角膜がもともと薄くて削ることができない人や、いくつかの目の病気を持っている人はレーシック手術を受けることはできません。
 
 

レーシック手術を受けられる人

逆に言えば、年齢制限をクリアしていて、医師の診察を受けて問題がなければレーシック手術を受けることができます。
 

使う機器によって手術可能な範囲が変わることもありますので、実はクリニックによって手術を受けられるか受けられないかの判断が異なる場合もあります。経営方針として、少しのリスクもとりたがらないクリニックもあるからです。
 

一度手術が受けられないと診断された人でも、諦めずに他のところで改めて確認してみると良いかもしれません。
 

レーシック手術を受けられない人は?関連ページ

イントラレーシックと普通のレーシックとの違い
最新技術の導入 視力の低下を改善する治療として注目されているレーシック。最近ではイントラレーシックという名前も […]
ラゼックは痛い?普通のレーシックとの違い
ラゼックは痛い?普通のレーシックとの違いは何ですか?     スポーツや格闘技などで目に強 […]
いろんなレーシックの具体的な違いはこれ!
レーシックの色々な種類 レーシックと一口にいっても、技術の進歩と共に色々な種類のものが開発され、呼び名によって […]
レーシックで仕事・職業でデメリットになることは?
福岡にあるレーシック眼科を一覧紹介したサイト!各クリニックの口コミも多数掲載!クリニックによって費用や施術の質、アフターサービスは大きく違ってくるので注意してください。
レーシックのアフターサポートってどう?
福岡にあるレーシック眼科を一覧紹介したサイト!各クリニックの口コミも多数掲載!クリニックによって費用や施術の質、アフターサービスは大きく違ってくるので注意してください。
レーシックで過矯正になるリスクはありますか?
福岡にあるレーシック眼科を一覧紹介したサイト!各クリニックの口コミも多数掲載!クリニックによって費用や施術の質、アフターサービスは大きく違ってくるので注意してください。
レーシック手術で乱視は治せるの?
福岡にあるレーシック眼科を一覧紹介したサイト!各クリニックの口コミも多数掲載!クリニックによって費用や施術の質、アフターサービスは大きく違ってくるので注意してください。
レーシックで失明のリスクはあるの?!
福岡にあるレーシック眼科を一覧紹介したサイト!各クリニックの口コミも多数掲載!クリニックによって費用や施術の質、アフターサービスは大きく違ってくるので注意してください。
レーシック手術は感染症のリスクがある?!
福岡にあるレーシック眼科を一覧紹介したサイト!各クリニックの口コミも多数掲載!クリニックによって費用や施術の質、アフターサービスは大きく違ってくるので注意してください。

error: Content is protected !!